【2022年11月】自宅のひかり回線をSo-net光プラス(NTT東日本)からGMOとくとくBB(auひかり)に乗り換えた話

こんにちは、Buggyです。

私事ですが、2022年11月は3年に1回ある、自宅のひかり回線契約の見直し月に当たります。
現在契約しているSo-net光プラス(NTT東日本)は、キャッシュバックを満額もらいましたのでそのまま継続するメリットは何もなく、GMOとくとくBB(auひかり)に乗り換えることにしました。

So-net光プラス(NTT東日本)の2019年12月~2022年11月の実質支払額

3年間の支払額は以下のようになり、平均月額は¥3,758という結果になりました。

当たり前の話ではありますが、契約した際の割引はすべて適用されました。内訳については契約した際のブログ記事にて。

この3年間の通信環境は、なかなか激動でありました。

・V6プラスの導入(2020年5月)
・Wi-Fi6対応ルーターの導入(2021年9月)
・UQモバイルにMNPしたことに伴い、ひかり電話を新規契約&自宅セット割を適用(2021年11月)
(ひかり回線の支払金額が2022年1月から上がっているのは、ひかり電話料金¥550が増えたため)

年に1回くらい、通信速度が高速になるイベントが発生して楽しかったです(笑)
3年前のブログ記事に「5G回線が普及して固定回線もなくなっているんでしょうかねぇ~?」なんて書きましたが、動画配信サービスが普及したのに伴って通信量がうなぎのぼりな現状では、固定回線はまだまだ手放せませんな。
また、5G回線がこれだけ普及するとは思いませんでした。多少大きな都市だとすぐに5Gを掴んでくれます。なんて書きつつ、自宅近辺は未だ4Gですが・・・

So-netの良かった点

マイページが全体的に分かりやすいのですが、キャッシュバックの説明も懇切丁寧で好感が持てます。詳細ページに飛ぶと、もっと詳しい情報(割引の適用条件)も知ることが出来ます。

キャッシュバックの受取可能時期になるとメールでお知らせが届き、振込先を入力すると即時振込される迅速さ。素晴らしいと思います!
かつてはキャッシュバックの受け取り方が極悪なプロバイダもあり、次に契約するGMOとくとくBBもかなり評判が悪かった印象ですが、改善されてるんでしょうかねぇ~。

解約時の発生費用について

契約更新月での解約のため、特に費用はかからないと思っていたのですが、工事の分割払い費用がまだ残っている・・・

「はて?」と思ったのですが、3年前の契約時の但し書きにも「60回払い」と明記されておりました。工事費も勝手に「36回払い」と思いこんでおり、完全に勘違い。

まぁ、この費用はキャッシュバックとしてauから補填がありますので無問題。

GMOとくとくBB(auひかり)に乗り換えた理由

これまでは、乗り換え先を探す際に価格.comで調べていたのですが、今回はGMOとくとくBBが分かりやすくお得でしたので、あまり悩まずにさっさと契約してしまいました。GMOは以前Wimaxを契約していた時期があるので久しぶりの復帰になります。



GMOとくとくBB(auひかり)のオトクな点(後ろのカッコは提供元)

・最大¥77,000キャッシュバック(GMO)
・auひかり電話基本料(¥550)が最大35ヶ月無料(GMO)
・Wi-Fiルーター(ただし整備品)無料プレゼント(GMO)

・他社からの乗り換えでキャッシュバック(KDDI)
・工事料相当額割引(KDDI)

キャッシュバックはどこもやっていますが、赤字の「auひかり電話基本料(¥550)が最大35ヶ月無料」「Wi-Fiルーター(ただし整備品)無料プレゼント」はあまり見かけたことがない割引でお得に感じました。整備品とはいえ、WiFiルーターがもらえるのはいいですね!予備機にするもよし、フリマに流すもよし。
回線マニアの人からすれば、他社でもっとお得な割引があるかもしれませんが、「分かりやすさ」という点ではなかなか良いと思います。

3年間の予想支払額は以下のようになります(ホーム5ギガ)。多少の修正は今後入るかと。



工事日確定

2022/10/28に申し込んで、11月第2週の工事が確定しました。申込時に「状況によっては1ヶ月以上先になる場合もございます」的な恐ろしいアナウンスもありましたが、こんなに早く工事してくれるとはありがたいことです。色々と慌ただしい12月にずれこまなくて何より。

ホームゲートウェイ到着

KDDIよりホームゲートウェイが到着しました。『Aterm BL3000HM』という、10月から提供開始の機種ということで最新型です!!


率直に言いましてデケェ~!ONUが内蔵されているためこれまでより機器は1個減るのですが、とにかく背が高いので存在感は圧倒的。
『Wi-Fi 6E』に対応しているのですが、カネを払わないと電波を出せないので私には無用の長物ですな・・・

WiFiルーター到着

WiFiルーターがGMOより送られてきました。とても綺麗で「新品!?」と思ったのですが、説明書が同梱されていない他、ちゃんと「整備品です」という旨の紙も入っていました。



送られてきたのはNECの『PA-WG2600HS2』で、2020年発売のもの。ホームゲートウェイと繋いでWiFi環境を整えられますが、我が家ではもっと性能の良いASUSのRT-AX3000が稼働しておりますのでこいつの出番はないでしょう。

悪夢!auIDの新規発行

auひかりを契約したことにより、またしてもauIDが新規発行されてしまいました!!こちらについては光回線の話からかなり外れてしまうため、別記事を執筆しています。

乗り換え完了

KDDIの自宅工事が入りましたが、既設の光回線をいじる程度でしたので20分ほどで終わり、3年ぶりにauひかりに復帰しました。
BL3000HMの圧倒的な存在感・・・

NTTのONUとルーターを撤去。

こちらは解約するSo-net光プラス(NTT)の速度。

こちらは3年間世話になるGMOとくとくBB(auひかり)の速度。ホーム5ギガを契約しており、速度は向上していますがスマホやPCの挙動は大して変わりありません(苦笑)

速度については曜日や時間でもう少し測定してみようかなと思います。

機器の遷移

So-net光プラス(NTT)での機器配置はこんな感じ。

GMOとくとくBB(auひかり)での機器配置はこんな感じ。ONUが1個減っただけですが、それだけでもちょっと印象が異なります。

3年ぶりの面倒な作業が終わって気分はスッキリ!あとはキャッシュバックを受け取るのと、UQモバイルの自宅セット割を再申し込みするくらいですね。

ブログ開設者の約得

記事にたま~に広告を入れさせて頂いていますが、ブログ開設者の約得として今回はセルフバック(広告のサービスを自分が契約する)を行いましたので、¥15,000をもらえる予定です。じゅるり・・・

1年間のサーバーレンタル代は賄えますね~。A8.net様ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA