So-net 光 プラス(NTT東日本)v6プラス導入記録

こんにちは、Buggyです。
2019年12月にSo-net 光プラスに加入し、「速度遅せぇ~!!」と嘆いておりました。
https://buggy.blog/digitalgoods/202001_so-net

ネットの速度やNETFLIXの視聴に問題はなかったので不満には感じていなかったのですが、「v6プラスにしたらどれくらい早くなるんだか」という興味がムクムクと湧きましたので、自宅に導入してみました。

v6プラス対応ルーターの準備

購入したのはNECの『PA-WG1200HS3』です。


メーカーHP
上位モデルよりちょっと安いIPv6対応Wi-Fiルーター「Aterm WG1200HS3」

  • なるべく安く、ハイエンドは不要
  • 評判がそんなに悪くない

という点を加味しました。どうもBUFFALOのルーターはいい話を見かけない・・・NEC製も似たりよったりかもしれませんが。

「au WALLETポイントをau Wowma!で交換すると50%増量」キャンペーンを利用してWowmaのコジマで¥4,860をポイントでゲット。
au WALLET4,000ポイント→au Wowma!6,000ポイントになったので大変オトクでした。

v6プラス対応ルーター導入前後のLAN配線

v6プラス対応ルーター導入前のLAN配線はこんな感じです(クリックで拡大します)。
PS4やPanasonic製レコーダーも繋がっていますが割愛。

v6プラス対応ルーター導入後のLAN配線はこちら。

導入のポイントとしては「既存のRT-AC67Uは生かす」という点がありました。

  • アンテナが付いているこちらのほうが電波強度が良さげな気がする
  • NAS機能を継続して利用したい
  • 数年後にはWi-Fi6対応の無線LANルーターを導入すると思われる

こんなところがRT-AC67Uを生かした理由です。
v6プラス&NAS機能に対応したルーターとなるとどうしてもハイエンド製品が多くなるため、v6プラスだけを¥5,000を切る価格で導入できる『PA-WG1200HS3』は自分にはうってつけでした。

v6プラス導入前の通信速度

こちらは5月の土曜日15時のv6プラス導入前の通信速度。燦々たる結果・・・



こちらは有線の結果ですが、大して変わりありません。

設置

いざ設置。『PA-WG1200HS3』のコンパクトさは素晴らしいです。


『RT-AC67U』にはso-netへの接続ID・パスワードを埋め込んでおく必要があったのですが、『PA-WG1200HS3』はONUと接続するだけでv6プラス接続になりました。設定不要でこんなにあっさり繋がるとは思わず。本当に便利になったもんです。

v6プラス導入後の通信速度

そして、v6プラスを導入した結果ァ!!





速ーい!!今までのは何だったんだー!!
文字通り桁違いの爆速になって、ここまでアップするとは思いませんでした。v6プラス恐るべし・・・
主にスマホで「一瞬待たされる感」が解消されてストレス軽減。
嫁が画像をふんだんに使った掲示板を見ているのですが「速攻で画像が読み込まれるようになった」と効果を実感。
なお、上記測定値は『PA-WG1200HS3』での結果ですが、既存の『RT-AC67U』をAPモードにして測定した数値も大差ありませんでした。

いや~、ここまで効果が現れると導入して大満足です。

後処理

『RT-AC67U』は192.168.1.2~のIPアドレスを払い出していたのですが、『PA-WG1200HS3』はデフォルトでは192.168.10.2~を払い出すようになっています。こちらを192.168.1.2~を払い出すように変更。
固定IPを設定している機器の設定は一切変えずに済みました。


また、WiFiは前述の通り『RT-AC67U』から継続して飛ばすので、『PA-WG1200HS3』の無線はすべてOFFに。

NEC製ルーターのいただけない点として「設定を変える度に90秒かかる再起動を要求される」というものが挙げられます。
これは地味に嫌がらせレベルで、今回の作業時間の半分くらいは再起動待ちだったような気がします。
今どきこんなに待たせる機器ありますかね~。

ノートラブルで導入が終わって万々歳ですが、最後に「2階に設置しているパソコンにTeamViewerで接続できなくなった」というトラブルが発生しました。
ネットワーク環境が変わったせいなのでしょうが、2階パソコンのTeamViewerをアンインストール&再インストールで復旧しました。

おわりに

今は光回線を契約するとV6プラス対応のルーターが無料でレンタル出来るところが大半だと思うのですが、自分のように後付でも十分すぎるほどの効果を得られるので、ぜひとも導入をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です