PHILIPS シェーバー S9185A/26 レビュー

こんにちは、Buggyです。

2014年9月に購入した、フィリップスのシェーバー『AT926』がケーブルを差しても充電できなくなってしまいました。


有名メーカーのうち、ブラウン製は使ったことがなかったので「今回はブラウンを買ってみようかな」とも思ったのですが、フィリップスの形状や剃り心地が気に入っていたのでやはり次もフィリップスにしました。
もう1台、パナソニックの『ES-ST39』も同時に使っていて、ブラウンと形状が同じタイプなのも購入を見送った理由の一つです。

これも4年使っているので、こちらが壊れたらブラウン製にチャレンジしてみようかと思います。

求めた性能

今回購入するにあたり、求めた性能は以下の3点。

  • 中~高価格帯
  • 本体丸洗い可能
  • 自動洗浄機付き

恥ずかしながら、1万円を超える価格帯のシェーバーは買ったことがなかったので「まぁ、いい年齢だしそれなりの機種買ってみるか(単なる見栄っ張り)。給付金ももらえるし~」という心境でした(笑)
もちろん、自動洗浄機も使ったことがなかったので今回初チャレンジ。
フィリップスのHPを見てみたのですが・・・恐ろしく見づらい!!
異常に型番もあってイライラしてきます(苦笑)
店頭でパンフレットを貰ってきたのですが、サポートページにもPDFファイルがありました。
明らかにこちらのほうが分かりやすくていいです。

開封の儀

いざ、開封の儀。
届いてみて外箱がかなり大きいことにびっくりしました。

オープンするとマニュアルが出てきました。

細かい小箱に別れて入っていて、この写真がないと元に戻せなさそう(苦笑)

洗浄液。

「大きい」というレビューも見かけた洗浄機。確かになかなかのサイズです。

ダース・ベイダーっぽくてかなりいいです(笑)

ここら辺まで開けて「あれ?シェーバー本体は?」とマジで焦りましたが、収納ケースの中にありました。そりゃそうだ。

鮮やかな青色がとても綺麗でカッコいいです。

剃り心地について

完全に個人の感想になりますが、

  • AT926:85点/100点、顎のなだらかな部分の剃り残しが気になる、使用後に肌はヒリヒリしない
  • ES-ST39:85点/100点、ジョリジョリ剃れるが使用後は肌がかなりヒリヒリする
  • S9185A/26:95点/100点、AT926で気になった剃り残しはほぼ解消、肌も一切ヒリヒリしない

という感じです。
フリップスはとにかく肌に優しい印象で、S9185A/26も期待を裏切りません!
今回はそれに加えて顎のカーブに刃が密着しているのが分かって、剃り残し感がかなり改善しました。
S9185A/26の形状はとても気に入っています。

自動洗浄機について

人生初のシェーバー自動洗浄機。

めちゃくちゃ静かで「本当に洗浄してんの?」という気になります。
ガシャガシャとメカニカルに動いて「うぉ~、洗ってる!」と思わせてほしいものです。
気になったのが稼働時間。洗浄:20分、乾燥:2時間以上と異常に乾燥に時間がかかります。
正確に時間は図っていないのですが、洗浄終了から2時間経っても「まだ乾燥ランプ付いてんのかよ!」と憤りすら覚えます(苦笑)
「土曜日の夜に洗浄する」というルーチンにしているので別に実害はないんですけどねぇ。「そんなに乾燥する必要あるか?」と思います。
ちなみに乾燥中もほぼ無音。
乾燥が終わってから、刃にゴミが残っているかを確認してみると・・・意外と出てきます。
洗浄前に水洗いをしてこんな感じですので、ちょっと残念(涙)

洗浄中はシェーバーの充電も行われるので、意識してシェーバーを充電するという行為がなくなるのは心情的に楽です。
それでなくてもフィリップスのシェーバーは驚異的に電池が持ちますけどね~。

まとめ

奮発してお高いモデルを買ってみましたが、剃り心地が向上して大満足です。
一番良かった点は「高いシェーバーだから風呂場に放置するのはやめよう」という習慣がついたことでしょうか(笑)
使った後はタオルでフキフキして洗浄機に格納しています。
きれいな青色のままで長くキープしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です