IIJmioからUQモバイルにMNPする話

こんにちは、Buggyです。

手持ちの携帯電話回線のうち、一つをBIGLOBEからLINEモバイルにMNPしました。

残る一つはIIJmioからUQモバイルにMNPします。
UQモバイルは初めて契約することになります。

契約年回線1(Buggy)回線2(妻)
~2017年audocomo
2018年aumineo
2019年LINEモバイルBIGLOBEモバイル
2020年IIJmioBIGLOBEモバイル
2021年UQモバイルLINEモバイル

IIJmioについて

IIJmioの通信速度に文句はない・・・というか、これまで使ってきた格安SIMの中では一番通信速度が安定していて、昼間もそこまで速度が落ちなかったのが割とびっくりでした。
さすがは老舗というべきでしょうか?
今回は、他社のキャンペーンを利用してandroid端末をゲットしようかと思い、MNP転出をするに至りました。

なお、一度IIJmioでイヤ~な思いをしまして、支払いに利用していたクレジットカードを紛失していまい、クレカ番号が無効になった事があったのですが、払込書とともに「支払いが遅れればすぐに回線を停止します」的なものすごい高圧的な文書が送られてきた事があり、かなりムカつきました。
わざわざ郵便料金払ってそんな文章送る必要ありますかね~?連絡先メールアドレスに一報するなり契約電話番号にSMSすれば済む問題なのに。
思い出してまたムカムカしてきました(苦笑)その文書捨てなければ良かったな~。

UQモバイル以前に考えていた格安SIM

実は、当初はOCNモバイルONEへMNPする気満々で、フリマアプリでエントリーパッケージのコードも入手済みでした。
ところが、MNP転入の端末¥13,000引きキャンペーンが3/5で終わってしまい、今見てみるとたったの¥5,000引きになってしまっていました(涙)
IIJmioがMNP予約番号を即日発行してくれれば間に合ったのですが・・・発行が遅すぎる!

  • 3/4(木)11:00 IIJmioでMNP転出申し込み
  • 3/5(金)09:00 IIJmioからMNP予約番号来ず(当然)
  • 3/5(金)09:30 OCNモバイルONE MNP転入端末¥13,000引きキャンペーン終了
  • 3/5(金)23:00 IIJmioよりMNP予約番号が送られてくる

MNP転出申し込みの時点で「予約番号の即日発行はありません」と宣言されていて面食らいました。BIGLOBEモバイルはMNP転出を電話で申し込んでから1時間で予約番号が送られてきましたので。
家電量販店のノジマにすばらしいまとめページがありましたのでご紹介します(笑)

これで見るとIIJmioはかなり遅い部類に入ります。即日発行が当然と思い込んでいた自分の完全なミスでした。
OCNモバイルONEのキャンペーンを適用していれば、おサイフケータイの使える『OPPO Reno A』を¥9,110でゲット出来ていたのに~。

UQモバイルを選択した経緯

傷心のまま格安SIM会社をサーチしまくり、キャンペーン中で『OPPO Reno3 A』を¥11,800でゲットできるということで選択しました。
まぁ、エントリーパッケージを使えない(使うと端末代金が高くなってしまう)ので、SIMカード発行手数料の¥3,000を払って¥14,800みたいなものですが。
mineoという選択肢もありましたが、UQモバイルの使い心地も知っておこうかと思った次第です。
『OPPO Reno3 A』は初めて所有するandroidスマホになるので、どんなものか楽しみです。
『OPPO Reno3 A』と、もしかしたら所有していたかもしれなかった『OPPO Reno A』の比較はこちらが参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA