DELL XPS13 7390(2019年モデル)購入→返品した話 part1

こんにちは、Buggyです。
今回は、DELL XPS13 7390(2019年モデル)を購入後、とある不具合で返品した話を書いていきます。

購入に至る経緯をお話しますと、XPS13 7390を買う前はXPS13 9350(2016年モデル)を3年間使用していて、これは抜群に気に入っていました。


狭額縁PCの走りとも言え、今見てもまったく色褪せないデザインで何一つ不自由していなかったのですが、2019年初めに誤って落下させてしまい、その結果「Windows Updateを適用すると画面がブラックアウトしてしまう」という症状に見舞われてしまいました。
BIOS画面は起動するので、そこからUSBメモリ経由で初期化を行い、Windowsのインストールまではすんなり進むのですが、その後ネットに接続すると、バックグラウンドでドライバ等を更新していしまい、その結果ブラックアウトしてしまうものを思われます。
こちらのページを参考に、自動でドライバを更新させないようにすると、数日~長い場合は数ヶ月は普通に使えるのですが、ある日突然画面に何も映らなくなる(もちろんその後Windows再インストール)というのを数十回繰り返し、さすがに「もう買い換えるか・・・」と思った次第です。
PC修理の店にも持ち込んでみたのですが「グラフィックチップが壊れてしまったのでは?買い換えるのと変わらない金額になると思います」という至極当然なアドバイスを頂きました。

閑話休題。

2019年12月19日に購入し、届いたのは2020年1月11日。
年末年始を挟んで中国から送られてくるので丸3週間かかるのはしょうがないでしょうか。
購入したのはフロスト・4Kタッチあり・Officeなしモデルです。


¥164,980(税抜)の17%オフクーポンを利用して¥136,933✕1.1=¥150,626、LINEショッピングを経由して後日8%還元を受ける予定でした。
注文して数日後に「クリスマス20%オフクーポン」&「LINEショッピング10%還元」を目の当たりにして「チキショー!!」と叫んだのは言うまでもありません。
まぁ、クリスマス直前や年末年始にこの手のクーポンがばらまかれるのを予想しておくべきでしたし、返品した今となっては勉強になったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です