カーナビ KENWOOD MDV-M908HDF・ドラレコ KENWOOD DRV-MN940 レビュー

こんにちは、Buggyです。

ホンダ純正カーナビ(VXM-155VSi)を、KENWOODの『MDV-M908HDF』に交換し、合わせてドラレコもKENWOODの『DRV-MN940』を取付しました。


取付までの経緯はこちら。

設置後の様子

9インチフローティングタイプですので、当然ですが飛び出る形になります。もっと違和感を感じるかと思いましたが、そうでもなくて安心しました。エアコンの送風口を塞ぐこともありません(車の機種にもよりますかね?)

各種端子には画面を手でぐいっと下げてアクセスしますが、私はここを使うことはないと思います。CDドライブなんてもういらんでしょ~・・・

9インチの情報量の多さ

既存カーナビ7インチが9インチになり、当然ながら情報量が圧倒的に多くなって大変に利便性が向上しました。
地図の上に地デジがミニサイズで表示され、さらにその上に標識が表示されてる模様。いらない表示はタッチすればすぐに消えます。

曲がる箇所までをカウントダウン表示してくれる『ここです案内』が個人的に非常に気に入っています。近づくにつれて青いリングが赤色に変わるのですごく分かりやすい!

地デジ

地デジがびっくりするほど綺麗です!まぁ、有機ELのカーナビだともっと綺麗なんでしょうが、私にはこれで十分すぎるほどです。

3Dスライダー

地図の俯角を1度単位で調整出来る3Dスライダー。タッチパネルは静電式なので、スマホと同じ操作感覚で違和感なく操作出来ます。


DRV-MN940との連携

ドラレコ『DRV-MN940』と連携されていて、前後のカメラ画像をカーナビで確認することが可能です。この画像もとっても綺麗!!モニター付きのドラレコを運転した経験がないので偉そうなことは言えないのですが、数インチのちまちました画面で確認するよりは、9インチの画面でドーンと表示される方が個人的には好みです。

簡易的なバックモニターとしても使用可能。下の写真には映っていませんが、後部車両のナンバープレートもばっちり確認可能です。

ルーティングについて

肝心のカーナビとしての機能ですが、至って普通・・・というか、私は案内された通りに運転するだけですので評価は控えます(笑)まぁ、グーグルみたいに「道なき道を案内される」みたいなことにはなりません。

総評

車のド素人が背伸びをして取付しましたが、総合的に大満足しています。カーナビ一つ変えるだけでこれだけ運転が楽しくなるとは・・・もし「9インチを取り付けてみたいけどどうしようかな~」みたいにお悩みの方がいらっしゃいましたら「大は小を兼ねる」と申し上げておきます(笑)インチが変わると数万円の費用アップに繋がりますが、満足度は桁違いだと思いますよ~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA